スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
スキンケアテクニックで見直したこと
只今、スキンケアの見直しをしてからテクニックを少し変えています。

石鹸洗顔
固くて空気の少ないしっかりとした泡は、ネットを濡らさない方法で簡単につくれるようになったので楽勝です♪コチラ(*'ー'*)ふふっ♪
泡の乗せ方・泡のすすぎ方がまったく逆だったのでそのクセが治る気をつけています。
クセは案外簡単になおりました
わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪

化粧水のつけ方
少量を何回もおさえるようにつけるという方法でやっています。
100円玉ぐらいの量を手の平・指にまでで伸ばしておさえる・・・
結構根気にいる作業ですね。
乾燥肌・混合肌の人はこれを6回ぐらいを目安にだそうです。
私の場合は6回ではなかなか見た目もしっとりとしているようには思えないので、今晩は10回やりました。
時間がかかります(^▽^;)
朝は6回にするかな?

クリームの付け方
これも人差し指にのる程度の量を手の平・指にまでしっかりと伸ばしておさえるようにつけています。
この方法は結構きにいっています。
手の温かみでクリームが浸透していってるのかな?と思えるようになりました。


今、一番気になっているのは
保水と保湿
いかにして保水を上手にするか。。。o(゜^ ゜)ウーン
保水をキチンとしていないといくら保湿をしてもうまくいきませんよね?

人気blogランキング スキンケア 
ブログ村 スキンケア

いつも遊びにきてくれるfc2ブロガーのみなさま・・・
コメントを残そうと思っているのですが、私が書き込もうとした時間帯が悪いのか最近、なかなかコメント画面にまで時間がかかって残せないことが多いです。
記事もしっかりと読んで勉強させてもらっています。
応援□_ρ゛(^‥^=)~ プチンだけになってしまっているので心苦しいです・・・。

ごめんなさい。
| いいもん | スキンケアテクニック | comments(8) | - |
スキンケアテクニック・・・化粧水の量
<化粧水のつける量>
コレも人それぞれなんですよね〜(^▽^;)
メーカーや成分・肌の状態によって色々・・・

 
「慢性水分不足肌」って知ってますか?
私は初めて聞く言葉でした。

保湿成分がたくさんはいっている化粧水は表面上にすぐに潤いを実感させてくれます。
でも、これは表面上だけの話で奥の方まではしみこんでいない。
表面上のしっとりを勘違いして安心していると・・・
『慢性水分不足肌』になってしまうそうです。

まずは成分・水分が奥に入り込みやすい肌つくりをしなければいけません。
コレが気長にやらなければいけないことです。

皮膚表面が固くなって水分をはじいてしまうのは奥にはいりこめません。

化粧水のつける量を増やすよりも、つける回数を増やすこともいいみたいです。

化粧水が入りやすい環境を整え、少量ずつを丁寧に優しくくり返しつけていくと、肌は潤いを取り戻してくるはずです。

パチッ☆-(^ー'*)bナルホド
私がお気に入りのバイオミメテクスB・ミメテクス化粧水 は、使用量は少なめですが『量よりも回数です』と書かれています。
肌荒れ後に使っていた時には5分置きにつけていました。
徐々に肌の弾力と潤いが戻ってきたので、今でも大好きです♪

今は2〜3回に分けて化粧水をつけています♪

スキンケアってホントに奥が深いですね(^▽^;)
でも・・・
楽しい〜〜ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


人気blogランキング スキンケア 
ブログ村 スキンケア

コメントをいただいたみなさんは手の平で化粧水をつけているんですね♪
なんだか嬉しくなっちゃいました。
自信がもてました゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
ありがと〜〜♪
| いいもん | スキンケアテクニック | comments(10) | - |
スキンケアテクニック・・・化粧水の付け方
これは人それぞれですね。
肌の強い人や弱い人により、コットンを使ったり手でつけたりと・・・。
ちなみに私は去年まではコットンでつけていました。
何よりもつけている感があったので・・・自己満足でした。
今は手でつけています。パッティングはしません。

<失敗しない化粧水のつけ方>
統計的によると、コットンを長期にわたり使用している人は
◆シミになっている人が多い
◆ニキビがなかなか良くならない
◆シワが深くなってしまう
だそうです。

ひとつずつ考えてみましょう・・・
コットンを使う時の多くはパッティングしたり、擦ってしまったりしてます。
これは水分を補給しているつもりなのにかかわらず、結果的に
肌に傷をつけているということみたいです。
(だって、洗顔後のタオルも抑えるように!!って言ってるぐらいだからコットンでの傷はありえる話かもしれませんね(ーー;))
と言う事は・・
水分不足の肌に傷をつけて傷みだしたら水分を補給するどころか水分不足を引き起こしてしまいます。
保護するはずの脂分も少なくなりベールが薄くなりがち

水分の蒸発 ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

シワ  ( ̄▽ ̄;)!!ガーン
                

次にニキビです。
ニキビには刺激を与えるというのは絶対に禁忌の事実です。
刺激を与え続けていると・・・シミになる


化粧品メーカーによってはコットン使用を推奨しているモノもあるので、
一概にどの方法がいい!!って言えませんが、やはり自分の納得いく方法を信じていくのが一番いいと思います。

( ̄0 ̄;アッ
私は絶対にコットン否定派ではありません!!
コットンパックは気持ちいいし癒される♪
コットンも使い方次第では、強力なアイテムになりますもんね。

あなたの肌トラブルをなくすテクニック!



人気blogランキング スキンケア 
ブログ村 スキンケア

仕事もスキンケアもあっちこっちの方面から手を出しているとなかなか進まない(^▽^;)
確実に一つ一つをクリアしていかないと・・・。
そんなこんなで、今日は一つやっつけました!!

しかし・・・
締め切り間際の仕事を持ってくるのはいいかげんやめてほしい。
手元で暖めておくんじゃないよ!!
\(`o'") こら-っ
   
| いいもん | スキンケアテクニック | comments(16) | - |
スキンケアテクニック・・・洗顔編
昨日紹介したスキンケアテクニックを私のメモ帳代りにここに残していきます。

年をとらせない洗顔方法

1.手のひら、手の甲、指の間を石鹸などでよく洗います。コレは大事ですね♪
   (洗顔料の泡立ちのためには重要なポイントです)
       
2.毛穴を開くために、一度ぬるま湯を顔全体にかけます。
  ◆お湯の温度がわかる給湯器を使っている人は、
    脂性肌・・・32〜36℃    普通肌・・・30〜34℃
     乾燥肌・・・26〜28℃    混合肌・・・28〜32℃
温度は私の場合はコレなら潜れる?を目安にしてますが・・・
冬は厳しいね((´д`)) ブルブル…サムー

お風呂場で洗顔する時は十分に注意!!
私は頑張って水温を調整していますが・・・少々熱めだな( ̄□||||!!   

3.洗顔料をよく泡立てます。
一番キメが細かくフワフワで弾力のある泡ができるのは、シルク並の目の粗さのもの。
市販の泡立てネットだと、泡はすごくよく立つのですが、泡の目が粗いので、どうしても空気を抜くように手で泡立ての調節をしなくてはなりません。
要は、「できるだけキメ細かい空気のふくらみが見えない、固い泡がつくれればOK」

コレがなかなか難しいし、朝は厳しいΣ(; ̄□ ̄A アセアセ

4.たまご一個分の泡が出来たら洗顔開始。

ココからは本文そのままを掲載します。

泡を分けた時に、角が立つくらいが理想の泡です。 最初によく泡立てた泡を指の腹につけてアゴの下、アゴの先からアゴ骨にそって外側へ、上に向かって泡でなでるように置いていきます。(できれば首から洗うと、首のシワやたるみ予防につながります)
                 ↓

手と皮膚の間に泡のクッションを感じながら口のまわり、頬骨へと「内側から外側に」と意識して、泡をつけていきます。
                ↓
眉毛の上、おでこの部分も内側から外側に向かって、泡でなでるように置いていきます。目の周りに泡をつける時は、皮膚にじかに触らないくらいの軽いタッチで、つけて行きます。目の下はゆっくり、そっと外側から内側に向かって泡を置いていきます。

ひととおり泡を置いたら、オデコ、鼻、アゴは指の腹で優しくなでるように洗い、唇もよく洗います。頬や目のまわりは乾燥しやすいので、泡を置くだけでも十分に汚れはくるみ取られます。(脂性肌の人に限っては、多少指の腹で皮膚をなでるように洗っても大丈夫です。)


この洗い方を間違えると、洗った後の目元のつっぱり感や頬の乾燥、口の周りのカサつきが起こりますので、要注意ですよ!


洗う時間は最大で2分(これは脂性の人)、通常は30秒から1分以内で手早く洗うのがポイントです。長くなると洗顔料の刺激をまともに肌が受け止めてしまいますので気をつけて・・・。

2分以上洗顔している人で「乾燥肌」「敏感肌」「肌荒れ」に悩んでいる人は、すぐに洗う時間を短くするようにしてくださいね。

これはショックです( ̄□||||!!
最初に泡だけをまんべんなく乗せていくんですね・・・。
いきなり泡を全体につけていました...... ( 〃..)ノ ハンセイ

5.すすぎ
まずはアゴから額にかけて、顔の中心から外側に向けてぬるま湯をかけて行きます。

年齢と共に重力に比例して、たるんでくるのが頬です。額からすすぐ人の手の動きを見ると、たいていすすぐときに頬を下へ引っ張ってしまう動作をしているのです。

アゴから上へ、中心から外側へ向けてのすすぎ(手はできるだけ触れない気持ちで・・・)は、たるみ予防になるので、このすすぎ方法をぜひマスターしてくださいね。


引きしめるために最後に水をかけた方が良いというお話もありますが、お湯の温度が低めですので、そんなにシビアにしなくても大丈夫です。


6.顔を拭くときは、ゴシゴシとこするのではなく、タオルを部分部分に置いて、水分をタオルに吸収させるようにしましょう。


7. 洗顔後はすぐに美容液、化粧水(首も忘れずに)をタップリつけてお手入れしましょう。

どうですか?
キチンとできていましたか?
私は7項目の内、一番大事な泡の乗せ方とすすぎ方がダメ! (T∇T )( T∇T) ダメ!

ε-(ーдー)ハァ
深いですね・・・。

もっと症状別にみたい方はこちらでお勉強を・・・
あなたの肌トラブルをなくすテクニック!


人気blogランキング スキンケア 
ブログ村 スキンケア



| いいもん | スキンケアテクニック | comments(10) | - |
見直してみようスキンケアテクニック
実際慣れというのは恐ろしいものです。
最初は頑張ってキレイになろうと思って書かれていることをまねてやっていても、
それに慣れてくれば、自然に大事なことを抜かしていたり、余計なことをしてしまっていたり・・・。

仕事でもそうなんですよね。
細かいことを教えられてもそのうち楽する方法を自然に見につけてしまって、
それば当たり前のように思えてきて、大事な部分を削ってしまっていたりするε-(ーдー)ハァ

それでは、達成の道は近いようで遠くなります。

またまた年始から去年を振り返るシリーズですが、今の方法が間違っていないのか?と
何となく思い始めました。
効果がでる基礎化粧品をせっかく使っていても、使い方を間違っていれば効果は半減しますよね。

コチラでは肌の状態に合わせたスキンケアのテクニックを紹介しています。

あなたの肌トラブルをなくすテクニック!


私、実際見て( ̄ー ̄?).....??アレ??と思うものがありました。
美容クリームの付けかたなんてはっきり言って我流でした。
でも読んで納得(⌒^⌒)b
化粧水のつけ方も我流・・・

コレを読んで自分の肌にあったテクニックをマスターしないとね!!
これで効果が100%引き出せるかもd( ̄◇ ̄)b グッ♪


あなたの肌トラブルの原因がわかるかも・・・

シャレコのスキンケアブック申し込みへ


無料だよ(^ー^* )フフ♪

人気blogランキング スキンケア 
ブログ村 スキンケア
| いいもん | スキンケアテクニック | comments(14) | - |